手脱穀おわり。収穫した米の総量は

籾の手動脱穀。

ハーベスターで脱穀し、脱穀しきれずに藁に残っている籾を手でプチプチと。

かなり地道な作業であるが、自分達で作った米なので、

出来るだけ残らず救出してあげたい、という想いがある。

img_2016102001

手脱穀の対象となる籾は、なるべく元気そうな籾を選定。

中には、写真のように変色してたり、ほとんど実がなかったりする籾もあるので、そういう籾は対象外。

結果、手脱穀した籾は、2キロ分くらいになった。

籾の天日干しも終わり、水分量に問題がなければ、残る作業は籾摺り、そして精米のみ。

img_2016102002

 

さて、5月の田植えから始まった米作り。

まだ籾状態であるが、収穫した米の総量は以下のようになった。

  • もち米:16キロ
  • 普通の米(おそらくコシヒカリ):176キロ(手脱穀分を含む)
なので、田んぼの広さは4畝(約120坪)で、合計192キロ収穫できたことになる。

今後、田んぼを継続する際の目安になるかな。

 

img_2016102003

-畑・田んぼ