サツマイモの「挿しツル」をしてみる

サツマイモを植え付けてから数週間。成長が良い苗とそうでないものがハッキリとしてくる。

一番植えた本数が多い紅はるか(60本)は8割くらいは枯れずに根付いている模様。

共に20本のシルクスイートと安納はというと、根付いているのは半分くらいだろうか。

特にシルクスイートの方が根付きが悪く、枯れているのがパッと見、半分以上な気がする。

IMG_2021061801

 

そこで、育ちが良く伸びているツルを拝借し、「挿しツル」をしてみることにした。

IMG_2021062801

育ちがいいものはいくつか枝分かれしてツルが伸びている。

その中から根元の分岐している部分をカットし、ツル苗が枯れている箇所に「挿しツル」をしてみる。

正直これで根付いてくれるかは分からないが、ものは試しである。

IMG_2021062802

うまくいけばいいが、サツマイモの生命力に期待しよう。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ