新しい畑で遅いジャガイモ植え

既に4月中旬に差し掛かったが、今年はまだ、畑にジャガイモを植えておらず・・・。

その理由は、昨年度まで借りていた「キクイモ畑」を返却したため、ジャガイモを植えられる場所が無かったたためである。

そして、ようやく新しい畑を使わせてもらえることが出来るようになったので、例年より1ヶ月遅いジャガイモ植えとなった。

植える品種は、キタアカリと男爵の2種類。昨年は5種類近くのジャガイモにチャレンジしたのだが、どれも成長の度合いがよろしくなく、小さいものしかできなかったので、今年は育てる種類を2種類に絞ることにした。

img_2018041601

こちらが、新しく使わせて頂けることになった畑。

しばらく何も育てていなかった畑らしく、草もたくさん生えていた状態であったが、貸してくれる方が事前にトラクターで耕してくれました。ありがたや〜(-人-)

img_2018041602

ジャガイモ用の畝を立て、種芋を植えていく。

植える間隔は、大体20〜30cmくらい。

img_2018041603

種芋を植え、上から土を被せたら、今度はマルチを張っていく。

マルチを張ることで草対策にもなり、地温も高める。マルチ効果でジャガイモの芽が早く出て来てくれれば良いのだが・・・。

img_2018041604

この畑、他には何を植えようか。大豆が中心になるだろうか。作付け計画しないと。

-畑・田んぼ