田んぼの草取り・・・でなく草踏み

この日は、旧ウコン畑と田んぼへ。

田んぼの前に、まず旧ウコン畑。「旧ウコン畑」は仮称のつもりだったが、このまま正式名称にしようか(笑)

この間、昨年の春ウコンの残骸を畑にバラまいたので、これで芽が出てくれば、再び「ウコン畑」という名称にしてもいいかなと思ったが、まだ芽は出ていない模様。そもそも出るのだろうか。。。

畑の様子はというと・・・

まずサトイモ。そこそこ芽が出ている。

img_2017062901

これは去年のアピオス。地中に埋まってたものが芽を出したようだ。結構な芽が出ていたので、とりあえずはこのままにしておこう。

img_2017062902

落花生とトウモロコシ。

img_2017062903

img_2017062904

サツマイモ。キクイモ畑に植えているものと比較すると芽が小さい。そういえば、地元の農家さんが、「サツマイモは砂地の方が良く育つ。」と言っていたので、砂地っぽいキクイモ畑の方が、サツマイモは合うのかもしれない。

img_2017062905

田んぼ。

稲はすくすくと成長している。ただ、田んぼの中は草だらけ。(=_=;)

img_2017062906

この草はおそらく「コナギ」という草らしい。これが一面茂っている。さっそく田んぼの中に入って草取りを試みようとしたが・・・これは骨が折れる。なので、草を足踏み方式で取る(埋める?)ことにした。稲を踏まないように、稲と稲の間の草を踏みつけながら歩く。

農業用水は止めているので、田んぼの中の水はほぼ無かったが、泥っぽいので足を取られる。

img_2017062907

小一時間、草踏みを行なった。草の状況は・・・あまり変わっていないかも(^_^;)

とりあえず今回は応急処置的な感じで。やはりちゃんと、手なり鎌なりで草取りをしたほうがいいかもしれない。

img_2017062908

-畑・田んぼ