梅の木を剪定してみる

梅の木の剪定にチャレンジ。

梅の木は、古くから地元に住んでおられる方のもの。移住仲間からの紹介で、「自分の梅の木」として管理してみてはどうかという提案を頂いたので、喜んで乗ることにした。

梅の木の枝は放置すると、枝が伸び茂りすぎて、病気や害虫等の被害に遭いやすくなってしまう。そうならないためにも、適宜に枝を切る作業が必要になる。

優先して、枯れて弱っている枝、内側に向かって伸びている枝、カイガラムシ(害虫)が付いている枝をノコギリや剪定バサミで次々と切って行く。

あとは、枝が込み合っている箇所もスッキリするようにバッサリと。

違いが分かりづらいが、下の写真、左が剪定前、右が剪定後。

img_2017012204

梅の木はたくさんあるので、剪定の数を熟して、コツを掴んでいければいいかな。梅の花が咲くのが待ち遠しい。

img_2017012203

-日常